top of page

大暑!夏になると増える子どもの湿疹とアトピー


今日は、大暑でしたが、大暑になる前から、今年は、暑いですね。


この時期、本当に、水分補給が重要になります。自分が思っているより、

1.5倍くらいの水分を取った方がいいかと思います。


こんな風に暑いと、お子さんに多く出てくるのが、お子さんの蕁麻疹。


お風呂上りとかスポーツ後に、たくさん汗をかいた後に症状が現れます。


西洋医学では、発汗をつかさどる「アセチルコリン」という

神経伝達物質が関与して起こることから、「コリン性蕁麻疹」と

呼ばれています。


治し方としては、抗ヒスタミン系の薬で治すらしいのですが、

それ以外の治し方はまだ、見つかっていません。


というのも、3~5mm大の小さな膨疹(ぼうしん:皮膚の盛り上がり)

がたくさんできますが、通常、数分後~2時間以内に消えてしまうという

こともありますし、コリン性蕁麻疹の発症メカニズムには解明されて

いないことも多いということもあるようです。


欠汗症から起こることもあるようなので、しっかりと汗がかけるように

なると、治ってくるようなのですが、かゆみや痛みが出ている時は、

汗をあえてかくようにすると、症状が悪化することもあるので、そういう

時は、病院の先生に診断を仰いだ方がいいと思います。


そんなお子さんをお持ちのお子さんには、まずは、消化のよい食べ物を

摂って、消化機能をしっかりと養いましょう。


なぜか、白米をあまりよくないと思っている方、多いですが、

白米は、水分量を簡単に調整できる食材で、炭水化物は、取りすぎは

問題ですが、お子さんにとっては、大変重要なエネルギー源となります。


お米には、ビタミンや鉄分、亜鉛やカルシウムなども一緒に取れますし、

温かいおかゆは、お腹も温まるので、消化機能が高まりますから、


安心して食べさせましょう。


閲覧数:7回0件のコメント

Comentários


bottom of page