top of page

子宮筋腫、取る?取らない?


40代~50代の半数以上が抱えている

という子宮筋腫。

特に、生理の時にも影響が無くて、放っておいたら、

40代に差し掛かってきたら、更年期障害

がひどくなって、お医者さんに行ったら、

「子宮筋腫」を指摘される

というケースもあるそうです。

私は、子宮筋腫が影響して、生理のたびに、

大出血してしまうので、血を作る機能が追い付かず、

ずっと、貧血で、そこからの冷え性など、さまざまな

悩みで、体調不良を引き起こしていたのですが、

そんな子宮筋腫を「取るか」「取らないか」問題・・・

小さかったり、場所が取りやすいところにできていたり

すると、スッと、子宮筋腫のみを取ってくれる場合も

あるようですが、

「あなたの子宮筋腫は大きくて・・・」

「子宮筋腫が影響して、他の臓器にも影響が・・・」

などと言われて、

「子宮全摘手術をしましょう」

と言われた場合、あなたは、どうしますか?

今回の全摘手術の話は、40代以降で、

これからの妊娠は、考えていないことを前提に

話をします。


40代以降になると、女性は、閉経に近づいて

いきますよね。エストロゲンという女性ホルモンが

減ってきて、更年期障害などという症状も起こるのも

この時期からです。


子宮筋腫ですが、基本的には、閉経して、生理が

終わっていくと、一緒に、子宮筋腫も小さくなって

この時期からです。放っておいても問題ないのですが、

放っておけないケースもありますよね。


例えば、生理のたびに、出血過多で、日常生活にも

影響が合ったり、大きくなってきて、更年期障害も

ひどくなったり、他の臓器にも影響が出てきてしまったり…


そうすると、お医者さんからも、「子宮筋腫を取りましょう」

という案がでてくるわけですが、そこで、「子宮全摘手術」です。

「卵巣も一緒に摘出しましょう」などと言われると、

さすがに、すぐに、「お願いします!」とは、答えられず、

迷ったりしますね。


私も、実は、中国で、「子宮全摘手術で、子宮筋腫を

取り除きましょう」と言われました。


悩んだ末、私は、全摘手術はしない。ということにしました。


私の場合、手術をするのが、中国で・・・ということもあり、

日本と違うから、ちょっと・・・と思って、やめたということも

ありますが、閉経が近づいたら、きっと落ち着いてくるから、

茶療でやっていこうと決めた。のですが、そうはいかない人も

いらっしゃると思います。


それは、子宮筋腫ができた場所の問題で、

他の臓器に影響が出てきて、炎症が起こることによる

違う症状がでてきていたり、子宮筋腫が大きくなりすぎていて

他にも影響がでていたりした場合です。


全摘手術は、女性としての機能が失われるということで、

勇気がいることですが、閉経に近づいている場合、

取るという選択は、マイナスではないと思います。


むしろ、取った方が身体の影響を考えても、

良いと思います。手術すれば、その後、他のホルモン治療もしやすく

なると言われていますし、漢方を使うことで、

改善できるからです。


何でも取ることはおすすめしませんが、

今、もし、そういう場面に直面されている方は、

お医者さんと相談して、一番、

お体にベストな方法で、治していかれたら・・・

と思います。


そんな不安も茶療を使ってもらえると、

解決するかと思います。


悩んでいる時に、気軽に使ってもらうことで、

自分の身体にとって一番ベストな方法を

選択できるようになるからです。


7月9日に健康のミライに出店しますので、

「茶療」「ズボラにお茶で体質改善」したい方は、

ぜひ、遊びにいらしてくださいね。


https://foex.online/kenkoumirai





閲覧数:12回0件のコメント
bottom of page